トレードノウハウ

有効な水平線の探し方・使い方

今回は水平線の活用方法について書いてみます。

水平線で反応することを確認する

上の画像では黄色の上昇が確認出来ます。

黄色の上昇の起点となった価格に白の水平線を引いてみました。

その後黄色の上昇は続かずに白の水平線まで下落してしまいました。

下落した後、白色の水平線で反発が発生しています。

この反発の動きが有るかないかで水平線の有効性を確認します。

まず確認したいのは、「水平線に当たった時にそれ相応の反応があるか否か」です。

水平線に当たったタイミングから陽線が数本発生した程度ではあまり水平線に対する信頼度が高くなく、最低でもダブルボトムや大きめの下ヒゲ等のアクションが発生して欲しいところです。

今回の画像は陰線が水平線を少し下抜けていますが、この程度では水平線がブレイクされてしまったとは決め付けません。様子をみます。

反応があった水平線のブレイクを待つ

次の手順としては、先ほどの反応を確認した後にブレイクするのを待ちます。

必ずブレイクするとは限りませんので、待っていてもトレードチャンスがなかったなんてことはよくあります。

むしろ「まさかブレイクするなんて思っていなかった」と思って水平線から買い注文を入れた人が多ければ多いほどチャンスです。

水平線2

先ほどの画像の続きですが、水平線をブレイクしてしまいました。

水平線でダブルボトムを描き、その後ネックラインまで上抜いたような形になり、「買の方が強いのかな?」と思った直後に下にブレイクされてしまいました。

ブレイクする直前に長めの下ヒゲが発生しているとことからも判断できるように、有る程度買い注文を入れた人がいたことも伺えます。

ブレイクした後は王道のサポレジ反転

水平線をブレイクした後に何を考えるかと言いますと、サポレジ転換を待ちます。

教科書通りですね。

画像ではサポートラインとしてそこそこ機能していた水平線に再び価格がタッチした瞬間に上ヒゲをつけて下落しています。

エントリータイミングとしては水平線に指値売り注文を設定しておくのも良いし、更に時間足を小さくしてよりリスクの小さいところを狙ってエントリーしても良いです。

方向性が見えていれば後はどれくらいのリスクが背負えるかという問題だけなのでそれほど悩むことはありません。

「待つ」というのが結構苦手な方は指値注文を入れます。別に損切りのpipsが拡大してしまうのだったらロットを下げれば良いだけですので。

まとめ

水平線をブレイクしたらレジサポ転換を待つだけです。

このトレード方法の精度を上げるためには、「この水平線はブレイクするはずはないでしょ」って思い込んで買い注文を入れた人がどれだけ多かったかに注目すれば良いです。

逆に、水平線にタッチした時にあまり反応が薄いと、その水平線がそもそも相場参加者の間で意識されていなかった=注文も少ない=ブレイクしても損切りをする人が少ない

という考えになります。「自分だったら思わずこの水平線で買っていたなー。」って考えて、その水平線が予想を裏切ってブレイクしてしまった後に注目してみるのも良いかもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です