オススメの教材

【書評】『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』

『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』を動かす男を読みました。


一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

本書ではトレードノウハウについては触れられていないものの、トレードに対する著者のマインドや相場に対する考え方が書かれています。

本書は株式投資がメインの内容になっていますが、FXにも通じる部分があります。

参考になった部分の引用

本書を読み、非常に参考になった部分を紹介します。

重要なのは勝率ではなく、トータルの損益。そう考えられるかどうかが株で勝つための鍵となる。

『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』より引用

僕の場合、銘柄それぞれの勝敗を考えるなら、利益になる取引は3割くらいしかない。 残りのほとんどがトントンかちょい負け。けれども、時々負け額に対して10倍や20倍の金額を勝つことがあるから、勝率は低くともトータルではプラスになる。

『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』より引用

トレードでは結局のところ、いかにして利益を残し、利益を積み上げていくかだと思います。

トレードルールを考えているとき、トレードチャンスの少なさに不安を覚えるときがあります。

しかし、トレードの目的は利益を残すことのはずです。

確かに、世の中にはトレードをする事が楽しくて仕方がない。利益は二の次にしてもいいからトレードをしているという人もいるかもしれません。

しかし僕もあなたも含め、毎日トレードの腕を磨いているのは利益を残し、その稼いだ資金で今よりも豊かに生きるためのはずです。

「どうやって勉強したか?」とよく聞かれる。僕の場合は、ただひたすら値動きを見た。マーケットのことはマーケットでしか学べない。本に書いてあるのは過去のことで、未来には役に立たない。

『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』より引用

僕も今までFX関連の書籍やノウハウ教材、動画などに多大な金額と時間を費やしてきました。

しかし結局のところ、かてるようになったきっかけはただひたすらに検証したからだと考えます。

ひたすらMT4やFT3の値動きを目で追っていました。

目で追って次の値動きを予想し、値動きの癖や発見をひたすらメモし、壁に張り付けて後で見返していました。

確かに、知識が全く無い状態でひたすらチャートを見るのは効率が悪いかもしれません。

チャートを分析する材料を持ち合わせていないので。

しかし、ある程度の知識や一つのトレード手法を理解すれば、あとは実際のチャートをひたすら見続けて感覚を磨くのがオススメです。

トレーダーとして難しいのは、自分の理論を何度も否定していかなければならないことかもしれない。

  • 「ついに勝てる手法をみつけた!」
  • 「この理論でいけば絶対に利益を残せるはずだ」

と思っても、結局は気のせいだったということがあります。

今まで何十回、何百回と自分で突き詰めて考え出したトレード理論否定してきました。

そのたびに何回もFXで稼ぐことを諦めようとしましたが、諦めきれずに続けているとまた閃きがあります。

その繰り返しですが、ほんの少しずつ利益が残せるトレードパターンが拾い集められてきました。

以上、メンタル面や投資に対しての向き合い方を学べる書籍でした。


一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です