トレードノウハウ

直前とは逆の動きをした部分に注目

検証記録です。

チャートの動きで、直前の動きと全く反対の方向に動いた形って結構勝率が高いと思います。

「直前の動きと反対の動きとは何だ?」と思われるかもしれないので画像で紹介します。

直前の動きとは別の動きの例

上の画像で、左側の白色の下落が発生していましたが、その直後に右側の白色の上昇で先ほどの下落の起点を上抜いて上昇しています。

このようなパターンの場合は結構勝率が高いです。もちろんロングです。

ではなぜ勝率が高いか考察します。

騙された人たちがいる

先ほどの画像の部分をさらに短期足に落とし込みました。

左の白色の下落を見ていた人は黄色の動きを予想して(希望して)売っていると思います。

それを証拠に、少し陰線が発生しています。

しかし陰線発生後に上昇波が生まれ、下落の起点すらも上抜かれてしまいました。

そうすると黄色の動きを予想していた場合には下落の起点も上抜かれてしまった瞬間に売りの根拠が無くなります。

そうなった場合、売りポジションを抱えてしまった人は損切りや建て値決済などで買い注文をしなければなりません。そこに買い注文を出します。

ポイントはどれだけ売る側の諦めが見えるか

上の画像でも解説していますが、コツはどれだけショートポジションを狙っていた人のガッカリな気持ちが発生したかだと思います。

ですので下のようなチャートの形の場合は少しガッカリな気持ちの発生が少ないように見えます。

下落の起点を超えられませんでした。この場合、ダウ理論で考えるとショートの人たちの根拠はまだ崩れていません。最後の安値を更新した起点を上抜かれていないので。

そう考えるとショートポジションを保有している人からしたらまだ決済買い注文を出すには早いと判断している人も多いかと思います。

ショート側の諦めが見えないと言いますか、ガッカリ感がそれほど感じられません。

そんなんお前の感覚の問題だろ!と感じるかもしれませんが、以外と有効な考えだと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です