トレードノウハウ

「トレードチャンス少ない」から稼げないという思考を今すぐ捨てるべき理由

「トレードのチャンスが無いので全く稼げない」

こんなこと考えていませんか?

  • 月曜日から金曜日まで日中は仕事をしながらトレードしているのでトレードのタイミングを失いがち
  • トレードチャンスがまったくなく、いっこうに稼げる気がしない
  • 稼ぎたい気持ちとは裏腹にトレードで利益を出せずに正直焦る

確かに、「これだけ頑張っているのだから早く稼げるようになりたい!」という気持ちとは裏腹にトレードチャンスが無くて一向に稼げないと非常に焦ります。

しかし「トレード数が少ない」ということと「トレードで稼げない」ということは全く別です。

トレード数だけ増し、結果的に損失を膨らませてしまう人が多いのが実態です。

この記事を読んでいただければ「トレード回数を増やそうとチャートを見続けた結果、何故か利益が残らない」ということを避けることが出来ます。

「トレード回数を増やすことで稼ごう」という思考を捨てる

「トレード回数を増やして早く稼ごう」という思考は捨ててください。

なぜなら、トレードで利益を残せている人ほど「期待値」と「枚数(ロット)」を重視しているからです。

期待値がプラスのトレードプランで、トレード回数を増やすのではなく資金(または枚数)を増やすことで利益を残す

実際に、1年で10回もトレードしないのに稼いでいるトレーダーもいます。

トレードでは鉄板のパターンでのみトレードを行うというのが利益を残すポイントです。

指値注文を使う。(勝てていないうちは成行注文を控える)

ほぼ全てのトレードを指値で構成してください。

なぜなら成行でトレードすると感情も揺れ動きやすい上、トレードチャンスも多く見えてしまいます。

あわせて読みたい
サラリーマンとの兼業トレーダーは指値を駆使するべき3つの理由 「チャートをずっと監視できればもっとトレードできるのに」 こんな問題を抱えていませんか? FXをいざ始めたは...

スキャルピングには手を出さない(特に海外口座を利用の場合)

勝てていないうちは特に気をつけてほしいのですが、スキャルピングには手を出さないようにするべきです。

理由としては、スキャルピングだとローソク足の1つ1つの値動きに翻弄され、感情的になるからです。

確かにスキャルピングだとトレード数も多く、帰宅後の短い時間でパパっと稼ぐイメージがあるかもしれません。

しかし実際はそううまく行きません。僕がスキャルピングに挑戦したときほとんどが負けトレードでした。

僕のトレードが下手なだけの可能性も大いにありますが、スキャルピングはpipsも安くは無いですし、海外のFX口座を利用されているのでしたらなおさらです。

まとめ

以上のことから

  • 「トレード回数」思考を捨てる
  • 指値注文を使う
  • スキャルピングには手を出さない(勝てていないうちは)

ことがポイントです。

これに注意していただければ、無理なトレードをしなくても良いので焦りが無くなり鉄板トレードに集中できるようになります。

結果的に利益も残せる上にトレードに対して自信がもてるようになります。

「結局は自分の得意なパターン(ルール)をどれだけ信じれるか?」が大切です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です