トレードノウハウ

【トレードパターン紹介】トレンドラインをブレイクした後の押し目買い

EURUSD4時間足です。

4時間足の流れだとずっと上昇を描き、一旦落ちてきていました。

画像の黒線で示しているように、最低でももう一度くらいは上を試す動きがあるだろうと考え、戦略としてはロングで考えていました。

続いて1時間足です。

1時間足で黄色線のようなトレンドラインを引き、このトレンドラインをブレイクすれば再び黒色のような動きになるだろうと考えていました。

すると黄緑色のような上昇が発生し、黄色のトレンドラインをブレイクしました。

ここで黄緑色の上昇の3波を狙うのがトレードパターンです。

注目して頂きたいのは画像の黄色の四角で囲ったあたりの動きです。

黄色のトレンドラインを上にブレイクされる前に多少売られた動きがあります。

この売りの動きというのは黄色のトレンドレインを根拠に売り注文を仕掛けた人達によるものも大きいかと思います。

黄色のトレンドラインに接触した瞬間にそこそこの売りの動きが入り、その売りもすぐに否定されてしまい、ラインを上にブレイクされる前に小さいレンジを作り、最後の抵抗のような様子にも見えます。

こういった抵抗の動きが大きければ大きいほど3波を狙ったトレードの勝率も高くなります。

ただ、抵抗の動き=レンジが大きいほど2波が浅く、押しが小さくなる傾向があり、3波を拾えないパターンも多々あります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です