トレード記録

【トレード記録】反発しそうな価格帯突入からのショート

トレード記録です。

トレードの概要は以下のとおり

通貨ペア:EURUSD

ロングorショート:ショート

時間足:4時間足・1時間足

トレード方法:反発しそうな価格帯に突入からのショート

注文方法:指値売り→指値利確

リスク:リワード=ほぼ1:1

【EURUSD4時間足】

まずは4時間足のチャートです。

ちょうどチャートを開いた時にショートを打てそうな形が完成しかけていたので指値売りをいれました。

画像の黄色のチェックマークはそれぞれエントリー場所と決済場所です。

黄色の水平線はそれぞれ、利確・損切り・建値の価格です。

「反発しそうな価格帯から、次に反発しそうな価格帯のトレード」です。

あわせて読みたい
「どこで利確すればいいの?」は水平線と水平線に注目すると効果的 利確位置がいまいちわからない 現在の価格が相場のどの位置に属しているかの把握が苦手 「今は底値?」「それ...

【EURUSD 1時間足】

こちらは1時間足の画像です。

今回のトレードのもう一つの根拠としては、直近は上昇していたのですが、4時間足レベルの売りの3波が入ってきそうな価格だったので売りでエントリーしたということです。

一番最初の画像に白色のラインを追加しました。

今回、左側の白色の下落がありました。

これに対する3波の売りの動きが入ってきそうな最終的な候補が今回トレードした価格帯だったということです。

その3波の売りを予想し、最初の初動だけを狙って売りでエントリーしてすぐに決済という感じです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です