トレードノウハウ

損切トレーダーに注目 下落の動きを上にブレイクした後の買い注文

EURUSDの1時間足チャートです。

画像の中に、1時間足だけでトレード出来たポイントがあるので、考え方をざっくりと記録しておきます。上の画像の中にラインと矢印を描いてみました。

今回のトレードは買いです。

まず、一番左の黄緑色の下落はそこそこ大きめの下落と考えます。

この下落の戻り売りを狙っても良いのですが、更に勝率を上げたいのであれば「戻り売りが失敗するのを待ってから買い」です。

黄緑色の下落の戻り売りが入るとすると2つ矢印で示している動きです。

今回の場合は右の矢印の動きは発生しなかったので、左の矢印の起点に価格が近づいたら買い注文を入れます。

上の画像ではロングしたい価格に白色の水平線を引いています。

今回は上に引いてある白色水平線は見送ります。

何故なら1番目の画像において、1番右に描いた矢印の値動き(戻り売り)がそれほど大きくなかったからです。

つまり損切りするトレーダーが少なく、買いのエネルギー(売りの損切り)もそれほど発生しないだろうと考えます。

よって下の白色水平線まで価格が落ちてくるのを待ちます。

その後、下の白色水平線に来た時に

  • そのまま時間足を変えずに買う
  • 時間足を絞って、リスクを許容できる程度にまでになったら買う

のどちらかを選択します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です